地熱発電所の事故

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首、地熱発電所事故【2010/10・17】

マグマだまりから、水蒸気でタービンを回す。
9本
一人死亡

 

地面に開いた穴
巨大な穴
噴出し穴がおおきくなった

 

直径10メートル以上に拡大
ショベルカーであ穴に医師を投入
水蒸気が液状のものが噴火

 

1975年から運行
1パーセント

 

自然エネルギーのた活用も難しい

 

宮城県 尾に神戸地熱発電所

 

100度以上の

 

二人 伊藤邦明さん死亡
高橋さんyあけど

 

開発コスト高い
二十分の一 二酸化炭素排出量
30メートル上級
300メートル飛んだ 土砂
熱水が湧き上がった、医師を入れて沈静化させようと
今年8月
機能の朝、数位蒸気と土砂が吹き上がった
一面はいい色

 

押さえたわs毛なので、圧量くg
あかかって、穴をふさいたことが裏目に出た可能性がある