再生エネルギーの可能性

供給の主力となるか

「自然エネルギーにはエネルギー供給の主力は無理、補完的なエネルギーとして」という声を聞くことがあるが、まったくの誤解だ。と環境エネルギー政策研究所所長、飯田哲也さんは言う。

 

まず量的に見ると、太陽エネルギーだけでも現在、世界全体の石油・石炭などの化石燃料や原子力発電のおよそ1万倍が降り注いでいる。これを太陽光発電や風力、水力、植物など、さまざまな形態や技術を用いることで、代替(ダイタイ)エネルギーとして使うことができる。3000倍程度の利用可能量があるという試算もある。

 

太陽エネルギー起源ではない地熱や潮力を加えると、それ以上の有り余る量の自然エネルギーを人類は使えるのだ。「自然エネルギーは密度が薄くて使えない」「広い土地が必要」という批判もあるが、これも正しくない。例えば、集中太陽光発電を、広大なサハラ砂漠のわずか10キロメートル四方に設置すればヨーロッパの電力をまかなえ、30キロメートル四方で世界の電力がまかなえると試算されている。

 

「生み出す以上のエネルギーが必要」という批判もあるが、これも古い知識で、今や太陽光発電や風力発電は1年から2年で製造エネルギーを取り返すことができる。

 

自然エネルギー普及のほぼ唯一の課題はコスト高だったが、風力発電のように競争力を持ったものや、そうでなくても政策によって効果的に普及されることができることを知った世界各国が、雪崩を打って自然エネルギーの普及競争に走っている。

 

日本は1次エネルギーでわずか4%と、先進国の中でもずばぬけてエネルギー自給率の低い国だ。「原子力を含めると16%」という統計もあるが、ウランも輸入しているので不適切だ。ウラン供給が数年後に厳しくなるという予測もあり、やはり冒頭の「4%」という数字で考える必要がある。

 

その日本が自然エネルギーの普及にもっとも消極的であったのも事実、これからに期待されている。

再生エネルギーの可能性記事一覧

海の力を利用したクリーンエネルギー

地球温暖化対策として自然エネルギーの普及が進む中、潮流(ちゅうりゅう)や海流といった海の力を利用した発電が注目を集めているようです。実用化に向けて動きだしているようです。2010年6月、潮の流れを利用した潮流発電の実用化実験が、兵庫県淡路市の海域で始まりました。取り組むのは兵庫県三木市のベンチャー企...

≫続きを読む

 

マンションに太陽光発電

不動産業界で導入が広まる不動産業界でマンションに太陽光発電を導入する動きが広がっている。太陽光発電は政府の支援策などにより、戸建て住宅で先行して普及が進んできた。各社は環境への配慮や電気代の削減効果を前面に打つ出して物件の価値を高め、マンション需要を堀り起こそうと模索している。意欲的な姿勢が目立つの...

≫続きを読む

 

太陽光発電の建設確認作業が不要に

国道交通省は1日、大規模な太陽光発電設備の建設を建築確認手続きの対象から除外する方針を決めた。近く建築基準法施行令を改正する。短期間での整備を可能にし、太陽エネルギーの利用を促進する狙いがある。企業などが近年、環境負荷の小さい小規模な太陽光発電所(メガソーラー)の設置を進めている。現行法令では、高さ...

≫続きを読む

 

再生エネルギー:熱利用

自然エネルギーの普及で、注目を集めている太陽光発電や風力発電などの電力分野のほかに、「熱利用」の分野が重要となる。太陽熱温水、木くずなどのバイオマス使用、地中熱や温泉熱利用などが代表的だ。固定価格制などの製作で飛躍的な普及を遂げるつつある自然エネルギー電力に比べると、まだ決め手となる政策に乏しいが、...

≫続きを読む

 

地域貢献の可能性を秘める自然エネルギー

自然エネルギーと経済効果自然エネルギーは、地域づくりに大きく貢献する可能性を秘めている。第一に、自然エネルギー設置の建設じたいが、地域経済にプラスとして作用する。1000基で、年間800億円?!秋田県で風力発電1000基建設する予定があるそうです。それを実際、建設して運転すると、電力の売り上げは、2...

≫続きを読む

 

次世代送電網の実験

トヨタ自動車、日立製作所、パナソニック電工、日本風力開発の4社で、青森県六ヶ所村で、IT(情報技術)を活用して電力の需給を調整する次世代送電網(スマートグリッド)の実証実験を開始すると発表した。風力や太陽光などの自然エネルギーを効率的に利用するための各種実験を行う。期間は、2012年7月までとしてい...

≫続きを読む