福島原発事故

福島第一原発:原子力発電と東北地方太平洋沖地震

2011年3月11日 午後2時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード9の地震が起きた。(国内観測史上最大)宮城県栗原市で震度7を観測した。(太平洋プレート:400〜500キロ:海溝型巨大地震)

 

気象庁によると、神奈川県三浦半島付近を震源地とする、関東大震災のM7・9などを上回っている。

 

今回の地震で、北海道から九州・沖縄にかけての広い範囲で津波が発生した。そのため、仙台市若林区の海岸付近で200〜300人の遺体が見つかるなど、死者は数百人に上るのは確実で、さらに多数の不明者やけが人も出ている。

 

福島第一原発

経済産業省電子力安全・保安院によると、1〜3号機すべてが地震直後に自動停止したが、冷却機能が働かなくなってしまい、給水を続けている、、非常用ディーゼル発電機も停止しており、東電の電源者を向かわせた。

 

その後、格納容器内部の気圧、水位の維持、放射線の測定など、その後、緊迫した状態が続く。

福島第1原発1号機

自動緊急停止、炉の一つが冷却できない状態となり、政府は初の原子力緊急事態宣言を出した。放射能漏れは確認されていないが、半径3キロ以内の住民(大熊町、二葉町)に避難を指示し、10キロ以内の住人には自宅待機を指示した。

 

のちに、非難範囲を半径3キロ以内から半径10キロ以内に拡大させたことを明らかにした。

 

被害報告

緊急時に水を注入して炉心を冷やす緊急炉心冷却装置(ECCS)が電源も含めて停止。
くみ上げた冷却水(海水)を回すポンプも止まった。このため、原子炉の冷却が不十分とされ、原子炉格納容器内の気圧が上昇、運転が止まっても蒸気が発生しつづけ、格納容器内の気圧が上昇し格納容器が壊れてしまう。(構造として原子炉を包む格納容器からは排気筒が出ている。)

 

緊急対策

格納容器が壊れるのは避けたいめ(加圧容器の外側に格納容器があるため、さいごのとりでといってもいい)外に繋がる排気口から、蒸気が放出される。この空気には放射性物質が含まれているため、そのままでは出せない、複数のフィルターで放射性物質を除く構造になっている、風向きなどによって被住民への影響が懸念される。

 

すべて取り除けるのか、、という不安が残るが、会見では、人体に影響ないとされ、微量と報告されている。

 

 1号機は、12日午前9時からガスの排出を開始、二つの弁を開くことにてまどっている。

 

 1号機は水位が戻らないため、燃料棒が50センチほど(現在90センチほど、一部壊れている)露出してしまっている。これは空焚き状態になってしまうため、放射能が漏れ出す危険性がある。
水位を戻すために原子炉内に、消防車を使ってこれまでに水を2万1000リットル入れ込んでおり、この作業を継続することで冷却するよう急いでいる。

 

※なぜ?!電源を確保できないのか!原子力発電所には、非常用ディーゼル発電機が装備してあるのに、まぜ動かなかったのか…
原子炉を安全に冷やすために必要な非常用の「ディーゼル 発電機」が4台すべて使えなくなっている。地震や津波の影響か

 

正門付近ではじめは通常時の8倍だった放射能が、20倍、お昼の時点で73倍にもなっている。

 

13:40分の時点…
なぜに、水を入れ込んでいるのに、水位が上がらないのか、、ということは、水が漏れている、ことが考えられる。

 

対応は、もちろん慎重に…

敷地内に放射能漏れが無いか確認しながら、配管弁を開いて大気に放出される。複数のフィルターを経て、放出される、また風向きなども考慮される。こういった緊急事態には、対策として認められている。

 

発令:自衛隊、中央特殊部隊がオフサイトセンターに、12日午前5時前後に到着。

 

原子力発電所から、5キロ圏内にある、オフサイトセンターに自衛隊、中央特殊部隊が到着、
オフサイトセンターとは、原子力発電所の近くに設置してあり、緊急対策センターとなっている。 

 

中央特殊部隊の働き

原子力発電所近くでの放射線測定器、安全確認、

 

午前5時54分に、中央制御室の放射能数値が通常冶1000倍、施設の入り口では通常時の8倍の放射線量、微量ながらも放射能漏れ。非難範囲を半径3キロ以内から半径10キロ以内に拡大させたことを明らかにした。
非難するときに、外に出て危険ではないのだろうか…、、
中央制御室が1000倍…施設の正門前で8倍って…どうなんだろう、人体に影響のない微量な放射能とは言っているけど、、
住民は不安でしかたないだろう、、

 

詳細

福島第一原発、非難範囲を半径3キロ以内から半径10キロ以内に拡大され、屋内待機の対象がなくなりました。その後、非難されている方は、まだ7割、、もっとはやく10キロ圏内の人にも非難勧告を出してくれ。
福島第二原発、非難範囲を半径3キロ以内から半径10キロ以内は、屋内待機となる。

 

第二原子炉と第4の原子炉でも、原子炉を冷やすことができなくなっている。緊急時の冷却装置を利用して冷やしているが、、

 

原子炉からの直漏れではない、防護服を着て作業にあたっている。格納容器の配管やバルブから漏れているので、原子炉から漏れているわけではない。午後の放射能測定では、73倍という数値が出たが、これは配管からガスを排出したためだと考えられる。
どうにかして格納容器が破壊されるのを防ぎたい。

 

午後2時
セシウムという物質が健質される、燃料棒融解が考えられる。今は、燃料棒が90センチ露出、その後、1メートル70センチ…

 

ひきつづき対策としては、炉心を冷却する水位が急激に下がり、燃料棒を冠水させ冷却させる必要がある。外に蒸気に逃がす作業をして、施設内では、セシウムとヨウ素という放射性物質が検出された。
セシウムとヨウ素は炉心のウラン燃料が核分裂してできる物質で、核燃料の一部が溶け出していると予想される。炉心溶融はチェルノブイリ原発と同じ原発事故原因となる。

 

爆発前に観測した、施設内放射線量が、1.015マイクロシーベルトの放射線を確認。一般の人が1年に浴びる放射線量とされる。

 

午後3時36分
福島第一原発の1号機の、復旧作業中直下型の大きな揺れがあり(余震)、大きな爆発音と白煙が上がる、東京電力の社員2人と作業員2人、計4人が怪我をした、、原子炉の建屋の中で起きているかどうかは不明、原子炉だと大変なことになる。

 

【枝野官房長官】17時46分:会見
想定される数値の測定、放射性物質の把握に勤めている。万全を期すしながら、万が一を考えながら行動している。
原子炉の爆発なのかは確認できていない。
ちなみに、管総理が今朝、現場を視察している。

 

【原子力安全・保安員】18:00:会見
具体的な情報が得られていない。なんだそれ、、

 

午後6:40
福島第一原発の1号機付近、原子炉の建屋の屋根が崩落

 

午後7:10
国の指令で、福島第一原発の非難対象地域を半径10キロ圏内を半径20キロ圏内に広げた。、第二原発の非難距離は10キロ圏内のままです。

 

IAEA(国際原子力機関)
午後8時から、どのような支援ができるか緊急会議が行われる。

 

【枝野官房長官】20時40分ごろ:会見

 

結果、『大量の放射性物質は漏れていない』

 

詳細:鋼鉄製の格納容器の爆発ではない、その周りを覆う建屋の壁が崩壊した。
爆発の理由:鋼鉄製の格納容器の周りをコンクリートと鉄筋の建屋で覆われています。爆発の理由は、炉心にある水が足りなくなり、少なくなって発生した水蒸気が、この格納容器の外側の建屋との空間の間に水滴が出て、そこでその過程で水素になっておりまり、その水素が酸素と合わさりまして、爆発が生じました。ちなみに格納容器内には酸素はありませんので、水素等があっても爆発することはありません。格納容器が破損していないことが確認。

 

敷地内にある放射物質のモニタリングでは、爆発前の15.29分の放射能レベルは1015マイクロシーベルその後の15:36分で 860シーベル 18:
爆発の後、むしろ少なくなっている。

 

想定を超えた地震だったため、バックアップシステムも作動しなかった。
格納容器による海水で満たす。ホウ酸を用いる、歳臨界を懸念、政府としては、適切だと 8時20分着手

 

冷却用モーター 9時15分 愛知から福島

 

10万カウント 被爆 汚染を徐線の必要 3人 90人全員 3,5キロ 一号機の原子炉を冷却するために。格納容器の中に海水を入れる作業画は自前鵜
ホウ酸も注入して核反応を防ぐ
アクサンある
自衛隊が冷却用タービンを福島第一原発に運動中、

 

 

 

3号機 水素爆発の可能性が、午後8時ごろ 現場で対応 水位が上がらないので燃料棒が出てしまっている。
燃料棒が出てるからといって、メルトダウンに繋がるわけではない

 

メルトダウンを起こす可能性は?

 

1号機はメルトダウンの可能性がある、メルトダウンとは燃料の大部分が解けだす事を言います。燃料の一部が溶けて、放射能性物質が出たとしても、原子炉には、何十かに覆われている。
圧力容器、格納容器、原子炉建屋

 

16日10ごろ会見 爆発

 

3月19日 午後6時半ごろ
東日本巨大地震で被災した東京電力福島第一原子力発電所で、冷却機能が喪失した1、2号機の配電盤兼変圧器に外部からの送電線を引き込んで接続する作業が完了した。

福島第1原発【2号機】

2号機の原子炉内の気圧が高くなっている、電源系統が起動していないため、冷却水をうまく入れられないため燃料棒が露出されてしまう。電源系統の復旧が急がれる。 

 

13日午後8時、そんなに危機的状況ではない。

 

14日、午後16時頃でも、1号機、3号機と同様に、原子炉の格納容器の内部を冷却できなくなっている。内部の圧力が上がって損傷するのを防ぐため、格納容器の弁を開放し、微量の放射性物質を含む水蒸気を放出する方針、

 

燃料棒がむき出しになり、弁とを明けて圧力を逃がす作業

 

PM4:28から海水の注入を開始し、炉心を冷やす作業にとりかかった。とにかく冷やすのが大切。

 

午後11ごろ、容器内の圧力が上昇し、海水が入れられない状態となってしまい、15日朝、5時の時点で燃料棒はむき出しになっている。
その後、朝6時には、原子炉の圧力は高まっていないため、燃料棒を冷却していると思われる、海水の給水作業を続ける方針。

 

水素をたまらないようにすることも重要、たまった水素の量と酸素の混合量で爆発の規模が違う。

 

職員が現場を離れたときに燃料が切れた。

 

空焚き状態とは、

 

3130・1時間ずーと立っていると浴びる量。ですが通常より高い。 

 

6900胸のCTスキャン、半分

 

6時 爆発
圧力抑制性質
爆発後の圧力が下がったため、サップレッションプール(格納容器の一番下の部分、出っ張っている部分)が破損している恐れ、その壊れている箇所から漏れている可能性も、

 

格納容器が破損しているといのはかなり危険

 

15日、朝6時半ごろ 枝野官房長官の会見で、
咲くえつしょんぷう 水蒸気を水に変える
この部分に欠損  かぶれすっションプール  格納容器が破損か!!
格納容器に繋がる箇所、

 

周辺の放射能測定は、上昇は示していない。

 

最悪の場合…とは、燃料棒が全部むき出しになるつ、燃料棒の温度があがり解けて下に核燃料が集まると、当たると急激な核分裂が起こる。核分裂生成物が発生し、放射性物質が大量に外に出てしまう。
ホウ酸を入れて、核分裂を起こさないようにしている。

 

液体か気体かで、変わってくる 原子炉に水を注入

 

圧力抑制室から

 

アメリカ、クリントン氏
12日未明、

冷却水をアメリカ空軍が運んだ。
現状として、地震の影響で冷却水をうまく入れられない事態になっている。

福島第一原発【3号機】

11:01分

 

一号機と同様の、水素爆発で建屋の上部が破損。1号機に比べて出力の高い原子炉なんで(1.7倍)爆発の規模は大きいが、格納容器の健全性は保たれている。厚さ16センチの圧力容器、の周りに格納容器、そして建屋で覆われている。

 

落下物が落ちてくるので、作業員のケガ人、ポンプ車なども破損する。

 

炉内の圧力は、11:13時点で380キロパスカル、11:55の時点で360キロパスカル
内部圧力安定

 

11人が負傷し、6人が被爆

 

モニタリング 発電所ない 12:37 50マイクシー
          正門前      11:44 正門 1h 20マイクロシーベルト

 

5キロ離れたオフサイトセンターでの測定では、11;36 1マイクロ

 

給水活動 

 

6名の負傷者

 

12:30 分 500名の人が 20キロ圏内にまだ

 

チェルノブイリとは違い、制御棒が全炉に入っている。チェルノブイリの原発事故は、連鎖反応により大爆発したため、福島原発がチェルノブイリの様な大爆発をするとは考えられない。

 

運停止は停止しているが、熱が残っているため、気圧が高くなってしまう。停止、冷却、閉じ込め、この3つが大事だと言われています。

 

ヘリで散水 3号機 自衛隊ch47ヘリコプター
保場リングできないので、放射能で 移動しながら
水が入って水蒸気となっているかもしれない

 

7,5トンの水 プールの水は深さ15メートル 非常に大きいプール
投下を100回200回するなり、それだけでは足りなくなるので、給水車でも注入する。

 

9;48分、9:52 
954 10時過ぎ

 

冷やさないと燃料棒が溶けて放射性物質が広がってしまう。

 

鉛の板 ヘリの下に 放射線量を測定しながら タングステンのシート
累積で 1っ機につき40分間を定めている。

 

3,4 使用済み核画燃料をいかに冷やすか
プールが蒸発 

 

948〜 海水 4回投下 一旦作業を終え 現場を離れた
その後、水蒸気のような煙を確認、

 

高圧放水車

 

午後、放水車両で放水
プール深さ4メートルほど入れば、、と専門家は話している。

 

1
縛膨張
作業のあと17人、1ミリシーベルとイカ
3号機に対し 地上から 車の外に出なくても、30分間30トン 盾や二届いている、使用済み燃料プールに届いたかは分からない。
地上からの放水のあと、放射線の量が減少した。

 

政府から要請があれば、直ちに放水できるように待機している。さすが自衛隊

 

送電線を通す作業を、17日の午後開始する予定だったが、放水作業に時間がかかり、今日移行(18日)の作業となる。
4号機、5号機、6号機は、点検中のため運転していなかった。が、、なぜか15日午前中に、4号機の北西部分から出火、プールの温度がアカって居る。水素爆発が起きたと見られるが、火災との関係は分からない

 

16日
4号機
火災の発生 午前5じ45分ごろ 4号機の中央制御室 バッテリーを運んでいた 社員 原子炉盾や北西 炎
ただちに通報 消火活動

 

 

放射性物質は小さい粒 
表面の服は脱いで洗う、顔を洗うと落ちる。

 

放射能は、吸い込んでしまい肺に入ってしまうと取り出しにくいため、念のためマスク着用をすすめている。

 

16:50分のニュース
放射線をどのくらい浴びたかを調べる、2100名の内200人がチェックして、今のところ健康に影響を及ぼしている人はいない。

 

 

20k,
360人非難できていない、病院に入院しているか、寝たきりの人、自衛隊のヘリなどで搬送。

 

3130マイクロシーベルト 地震後最大の数値を観測

 

1=4号機まで
 4号機心配
地震したときは、停止していた 核燃料はない プールの中に入っていた。冷やしていた。水を循環させて管理して冷やす。
十分な霊薬ができない、表面の金属が酸化して水素がでた。チンかしただけではなく、冷やさなくて

 

第一に3,4号機  使用済み燃料プール 2000d 15メートル 放射線を水でさえぎる

 

空からの散水 早急
福島第一 電源× 興の午後、一部、送電線の電源の回復
優先順位の高いこと

 

電源がくれば 海水を使った冷却システム
ポンプを洗う
仮説のポンプ

 

5号機 原子力の圧力を見ながら
圧力注水実地へ

 

東京

 

3月23日、震災から13日目、すべての原子炉の電源が復旧、3号機の中央制御室の照明が点灯された。

 

被害報告

 

福島第2原発

1号機、2号機、3号機、4号機

通常時は30度の程度の冷却水だが、100度近くになっている。だか水位が保たれているので、現時点では放射能漏れは確認されていない。

 

だが、第二原発の、非難範囲を半径3キロ以内から半径10キロ以内に拡大させたことを明らかにした。説明されずに、非難だけしろと言われても不安を煽ってしまう。

 

東京電力の福島第1原子力発電所で社員2人が行方不明、第2原発で作業員1人が死亡した。ご冥福をお祈りします。

 

第二原発は第一原発と違って、外部電源がとれている。
14日18時 第1機、第2機、第3機とも、冷却水が100度以下になり、冷温停止となり放射能が漏れ出す危険性はない。

 

3月16日の時点でも、福島第二原発は、4号機とも冷温停止となっており、安全が確認された。