福島 被ばく 子供

自分が住んでいる国で起こるとは思わなかった原発事故、未曾有の大震災で生じた事故だけれでも、
原発が人災なのか、天災なのかは、は置いといて、子供を外で遊ばせたい。

 

子ども45%微量被ばく(精密検査必要なし)1000人対象の甲状腺調査

 

福島第一原発事故で、原子力安全委員会は5日までに、国と福島県が3月下旬に実施した15歳までの子ども約1000人を対象にした調査で、約45%の子どもが甲状腺被ばくを受けていたことを明らかにした。

 

調査は3月26日〜30日、福島県いわき市、川俣氏、飯舘村の0〜15歳の1080人にサーベイメーターで実施。甲状腺被ばくは約45%でみられ、実測の最高値は、1歳児の年間甲状腺被ばく線量で50_シーベルトに相当する毎時0.1マイクロシーベルトだった。ほとんどは0.04マイクロシーベルト以下で、年間被ばく線量に換算できないレベルだ。

 

基準値として設定した毎時0.2マイクロシーベルトを超えた子どもは専門機関で精密検査を行う方針だったが対象者はいなかった。この調査については、国際原子力機関(IAEA)に提出した報告書に記載があるが、基準値を超える子どもがいなかったことだけが説明され、詳細はしめされていなかった。

 

放射能障害には酵素が必要

微生物を利用した発酵食品が、放射能障害から身を守ると言われています。
酵素も微生物を生かした発酵食品の一つです。

 

放射能所外によいとされる食品
麹菌で作る甘酒、天然の吸収型なので、吸収率が良い、抗がん作用も期待でき「飲む点滴」といも言われている。

 

酵素の含まれている食品は
熱を加えていない(酵素は熱に弱い)、加工していない生の食べ物
発行したもの、「発酵食品」です。
生の魚(刺身、寿司)、生卵、生野菜、海藻、納豆、鰹節、甘酒、漬物、味噌、醤油、キムチ、干物など。