放射能の影響で故郷を追われる

目に見えない恐怖

まさか、自分が住んでいる国で、起こるとは思わなかった原発事故、未曾有の大震災で生じた事故だけれでも、
原発が人災なのか、天災なのかは、どうでもいい…、ただ、思いっきり深呼吸をしたい。
放射線量と人体への影響

 

 

 

子ども45%微量被ばく(精密検査必要なし)1000人対象の甲状腺調査

 

 

 

福島第一原発事故で、原子力安全委員会は5日までに、国と福島県が3月下旬に実施した15歳までの子ども約1000人を対象にした調査で、約45%の子どもが甲状腺被ばくを受けていたことを明らかにした。
調査は3月26日〜30日、福島県いわき市、川俣氏、飯舘村の0〜15歳の1080人にサーベイメーターで実施。甲状腺被ばくは約45%でみられ、実測の最高値は、1歳児の年間甲状腺被ばく線量で50_シーベルト
に相当する毎時0.1マイクロシーベルトだった。ほとんどは0.04マイクロシーベルト以下で、年間被ばく線量に換算できないレベルだった。
基準値として設定した毎時0.2マイクロシーベルトを超えた子どもは専門機関で精密検査を行う方針だったが対象者はいなかった。この調査については、国際原子力機関(IAEA)に提出した
報告書に記載があるが、基準値を超える子どもがいなかったことだけが説明され、詳細はしめされていなかった。

帰宅可能まで20年越え

政府は、2011年8月28日までに、東京電力福島第一原発の放射能漏れ事故に関し、年間推定被ばく線量が200ミリシーベルトの地域は、20年を越えて住居が困難との資試算をまとめた。

 

 

 

年間推定被ばく線量が200ミリシーベルトの地域とは、どの地域を指すのだろうか、汚染マップを見ると、原発近傍の大熊町と双葉町と北西方向に伸びている高線量地域の浪江町が対象となる可能性がある。

 

 

 

100ミリシーベルトの地域では帰宅が可能になるまで約10年かかるとしている。政府は、試算で示した期間をできるだけ短縮するため、除染活動を本格化させる方針。

 

 

 

放射量が極めて高い地域は長期間、居住が困難になる可能性があると説明している。
「除染に関する基本的な考え方」に基づき、迅速に除染を進める。「考え方」では、控除線地域の年間被ばく線量が20ミリシーベルトを下回ることなどを目標としている。