原子力発電の技術

日本の原子力発電の歴史

日本の原子力発電は、茨城県の東海村に建設された施設が、1963年(昭和38)に発電に成功したのが最初です。

 

1970年代になり、次々に各地で原子力発電所が建設されていきました。1970年には約46億キロワットだった原子力発電が、1984年には、総発電量が1343億キロワットに増えていきました。

 

2007年、日本では17か所の原子力発電所、54基の原子炉(商業用)が活動しています。 日本の総電力のうち、原子力発電の割合が2007年時に、25.6%となっています。欠かせない発電設備であります。

 

世界では、30カ国、432基の原子炉が稼動しています。フランスでは発電の77%を原子力でまかなっており、原子力大国ともいわれています。第2位は、韓国、全体の電力の34%が原子力です。そして、第3位は、日本、現在では、29%が原子力が占めています。

 

原子力発電の技術は、温暖化が問題になっている昨今の現状から考えると、クリーンエネルギーとして注目されています。それは、発電時に
二酸化炭素の排出量が少ないので、環境への負荷が少ないと言われているからです。その反面、原子炉で事故が起こったり、放射能が漏れ出したりすると、人体や自然環境に深刻なダメージを与えることも恐れられています。

 

記憶で新しいのが、新潟県中越沖地震により、柏崎刈羽原発で火災が発生しました。目に見えないことから、外部への放射能の影響はどうなのかと、心配はぬぐえません、心理面にも影響を大きく及ぼします。

 

しかし、今までの事故などで改善され、放射性物質を閉じ込める何重もの壁で覆われ、安全装置も何重もの対策がとられているそうです。ですが、そんな中で起こってしまった、東海沖大地震、、

 

予想をはるかに超えた津波で、原発のシステムすべてが失われてしまいました。いくら安全対策が何重にとられていても、今回の地震を予想することはできませんでした。どこの誰かか、予想していたとしても、多くの命が奪われてしまっては意味がありません。残念ながら、『絶対安心』というのは、無いのだと思いました。

 

スポンサードリンク

 

原子力発電の技術記事一覧

原子力発電の原理

原子力発電の燃料となる『ウラン235』は、天然ウラン鉱石中わずか0.7%しか含まれていません。他の99.3%は、ウラン238と言われているものです。ウランを分けるウラン235と、ウラン238の違いは、中性子の数が違います。そして、ウラン238は分裂しにくく、燃料となるウラン235は分裂しやすいという...

≫続きを読む

 

放射性廃棄物処理の問題

放射性廃棄物処理日本では国内に再処理施設がないために、主にフランスに再処理を委託してきました。これまでに発生した高レベル放射性廃棄物の一部は過去7回に分けて日本に変換されています。青森県六ヶ所村に建設された、日本原燃株式会社「高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター」で保管しています。六ヶ所再処理工場で...

≫続きを読む