効果ガス取引で包括制度を承諾

効果ガス取引で包括制度を承諾

【ロサンゼルス時事】
米カルフォルニア州大気資源局(CARB)は17日までに、温室効果ガスの排出枠を州内企業に割り当て、その過不足分を企業間市場で売買する『キャップ・アンド・トレード』方式と呼ばれる排出量取引制度を承認した。2012に執行予定。

 

CARBによると、加州では今回、官公庁のほか幅広い業種を対象に、国籍を問わず主要約360社、計約600拠点に規制が及ぶ。包括的な制度は全米初という。